鎌倉の歯科医院 山本歯科|インプラントと審美歯科

 
 審美歯科 >>    インプラント >>

審美歯科


審美歯科の目的は、虫歯などの機能性のみを考慮した治療と違い、唇を含めたお口のまわりをより美しくするよう、お顔全体とのバランスを考えながら治療を進めることにあります。
山本歯科では、ラミネートベニア、オールセラミッククラウンなど、金属を一切使用しないで、短期間で美しい口もとを創り出す治療を“審美歯科”と考えています。

ラミネートベニア

歯の見える部分を700ミクロンだけ削り、セラミックで作製した薄いシェルを接着します。

こんな方にお勧めします
  • 前歯が欠けてしまった。
  • 歯と歯の間に隙間があいている。
  • 歯が小さくて口もとがさびしい。
  • 虫歯の治療で、見た目が悪い。
  • 小さい頃飲んだ薬で、歯の色が黒っぽい。

歯と歯の隙間があいているケース
ラミネートベニア症例写真

オールセラミッククラウン

現在でもセラミックの内側に金属を使用するのが一般的ですが、山本歯科ではその方に最もふさわしいシステムを選択し、日本有数の歯科技工所コアーデンタルラボの協力を得て、金属を一切使用しないで十分な強度と審美を実現しています。
その深みある透明感は、天然歯と全く見分けが付きません。

こんな方にお勧めします
  • 歯並びが気になる。
    (歯が出ていたり、ねじれたりしている)
  • 歯の色が気になる。
  • 昔の治療で、見た目が悪い。
  • 歯茎が黒ずんでいる。
など。

他院で治療したばかりなのですが(写真:左)→ホワイトニングとオールセラミックでこのように綺麗になりました(写真:右)
オールセラミッククラウン症例写真

ハイブリッドセラミックシステム

ハイブリッドセラミックとは、セラミックと合成樹脂の良いところを合わせたシステムで、セラミックのような透明感はありませんが、歯と同じような色調で主に臼歯部に使用します。

こんな方にお勧めします
  • 奥歯に虫歯がある。
  • 奥歯に金歯や銀歯がつめてあり見た目が悪い。

奥歯に金歯や銀歯がつめてあり見た目が悪いケース
ハイブリッドセラミックシステム症例写真

インプラント


歯科用インプラントとは、天然歯の代用となる人工歯根のことです。
インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。その安全性は、しっかりとした訓練を受けている歯科医師が行えば、他の治療と同じように確立されています。最近では、機能性のみならず、審美性の面からもインプラント治療を選択される患者さんが増えています。

こんな方にお勧めします
  • 歯が抜けて悩んでいる。
  • 入れ歯が合わなくて悩んでいる。
  • なるべく良い歯を削らずに治したい。

前歯のインプラントのケース(前歯が歯根から折れている)
インプラント症例写真 前歯

左右の奥歯が抜けているケース
インプラント症例写真 奥歯
山本歯科ではインプラントを埋め込むだけでなく、歯周形成外科を含めたトータルな治療で、審美性、機能性とも患者さんの十分な満足を得られる治療を行っています。
インプラント治療により、これまでの入れ歯やブリッジでは満足する事ができなかった機能を、天然歯のように回復させる事ができるのです。

金属床義歯、軟性レジン床義歯、アタッチメント義歯、PPMD等

現在入れ歯を御使用になっている方で、いろいろな理由によりインプラント治療を受けられず、引き続き義歯での治療をご希望になっている方も、せひご相談下さい。長年の経験による特殊な治療法で義歯での機能回復も行います。(自費のみ)

PPMD(パーシャル・パラレル・ミリング・デンチャー)
残存歯に特殊な維持装置を設計し義歯が入ると歯の形が完成される為、バネ等の維持装置がありません。
PPMO(パーシャル・パラレル・ミリング・デンチャー)症例写真
HOME医院紹介治療方針症例集
ホワイトニングブライダル・デンタル・エステ
Copyrighted by Yamamoto Dental Office.